6月12日 平和をつくる者は幸いです

マタイの福音書5章1節~12節

「平和をつくる者は幸いです」(10)とのみことばは,今日,大変重要なみことばになってきていることを思います.まず,平和とはすでにあるものではなく,つくるものであるということです.そして,この平和をつくることは,まず自らが神との和解を得た,救われた者こそが取り組むべき使命でもあると言えます.この働きは容易ではないことでもあります.無益な議論をさけ,一つ一つ誠実に,建設的に取り組む積み重ねの延長線上にある働きでもあります.そこには忍耐が必要です.これほどの大きな使命を,神は私たち救われた弟子たちに命じ期待しておられるのです.私たち自身,力不足であると思うかもしれません.しかし,平和を作るのは,私たちの家庭や身近な隣人との関係において実践して行く延長線上にあることを覚えたいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。