1月1日 御国を受け継ぐために

使徒の働き20章17節~38節

パウロが,エペソから始まった第三次伝道旅行を終えてエルサレムに向かう途中,ミレトに寄港し,最後の別れをしようとエペソに使いを送り教会の長老たちを呼び寄せ,語った内容が今日の箇所です.パウロの決別説教とも言われています.パウロはさまざまなことを訓戒し教えてきましたが,最後に,「今私は,あなたがたを神とその恵みのみことばに委ねます.みことばは,あなた方を成長させ,聖なるものとされたすべての人々とともに,あなたがたに御国を受け継がせることができるのです」(32)と言いました.今日,私たちも「神とそのみことば」により頼んでいくことが重要です.みことばにより成長させられ,必要な導きが与えられます.絶えずみことばにより頼む歩みが御国へと向かう歩みであることを覚えましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。