10月10日 神の宮の完成と過越しの祭

エズラ記6章1節~22節

総督タテナイの報告を受けて,ダレイオス王は神の宮の再建工事に関する命令について調べさせたところ,確かに,キュロス王によって命令が出されていたことが確認され,改めて,正式に神の宮の再建工事を継続するよう命令が出されました(7).そればかりでなく,神の宮の再建工事に必要な資金や祭儀に必要なものまで調達できるように計らって頂くことになりました.このことによって,神の宮の再建工事は順調に進められることとなり,完成することができました(15).そして,完成をお祝いしての奉献式が執り行われました(16).そして,神の宮が再建され,はじめて過越しの祭りが行われ,主の前に礼拝をささげることを回復することができました.すべての事業を導かれた主なる神の栄光があらわされた時となったのです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です