9月26日 神の宮の再建を妨害した人々


エズラ記4章1節~24節
神の宮の再建工事が始まると,最初はあたかも工事に協力するような好意的な態度で近づいてきた人々がいたが,工事の協力を断ると態度は一変し,むしろ本心としては工事に反対であったため,敵対し,脅して妨害行為を始めた(4).さらに妨害行為はエスカレートしていき,議官を買収して反対するように仕向けていきました(5).更に,アルタクセルクセス王に書状を送り,神の宮の再建工事が進められていくことによって,イスラエルの民が税を納めなくなると,根拠のない訴えをし(13),その結果,工事を中止させる命令が下されることにまでなりました.このため工事は約16年にも及ぶ中断を余儀なくされることとなりました.あなたは度重なる妨害行為にどう対処しようとするでしょうか.忍耐と知恵を用いて対処できるように祈りましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です