9月12日 神の宮の再建に着手した人々

エズラ記2章1~2節,59~70節

エズラ記2章は,エルサレムで廃墟となっている神の宮の再建のために,バビロンからエルサレムに帰還したユダヤ人たちのリストを記録しています.この帰還を決断した第一陣を指揮したのがゼルバベル(2)などの指導者で,その総勢は約5万人を超える一団となりました.帰還した人々の中には,必ずしもユダヤ人だけではなく,自らの血統を証明することが出来ない(=ユダヤ人ではない)人々もいたことは特筆すべき事です.神の宮の再建は,様々な人々の霊を神様が奮い立たせて下さることにより始められました.エルサレムに到着すると,一族のかしらたちをはじめ,多くの人々が神の宮の再建のために進んで献げ物をしました(68~69).困難な旅を経て,感謝をもって献げられたもので神の宮の再建工事は進んでいきました.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です