8月15日 渇いた心を潤すイエス・キリスト

ヨハネの福音書4章1節~26節

主イエスはサマリヤの井戸のそばに座り,そこへやって来た女性に,「わたしに水を飲ませて下さい」と頼まれました.さらにイエスは「この水を飲む者はみな,また渇きます.しかし,わたしが与える水を飲む人は,いつまでも決して渇くことがありません.わたしが与える水は,その人の内で泉となり,永遠のいのちへの水が湧き出ます」と言われました.サマリヤの女性には夫が5人いたとも言われていることから,この女性は人の愛に飢え,自分の願いを満たし得る人を求めては結婚・離婚を繰り返していたと考えられます.イエスとの出会いは,まさに自分のことを知っていて下さる方,救い主がおられることを知った時でした.私たちの本当の必要を知っていて下さる方こそが本当に私たちの渇きを潤し新しいいのちに生かして下さるのです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です