4月5日 私の罪のために


イザヤ書53章1節〜12節
今日の箇所は,苦難のしもべとしてのメシヤ(救い主)預言が語られています.4節に「まことに,彼は私たちの病を負い,私たちの痛みをになった」と言われているみことばに心を留めていきたい.メシヤの目的は,私たちのためにあったことを,今一度,十字架の意味を自らのためであったということを覚えたいと思います.
イエスの十字架における苦しみは,すでに,神のご計画の内に定められていたことであり,その神のご計画に従順に従われた主イエスの歩みがあったからこそ,今日,私たちの救いにつながっているということを感謝しましょう.そして,この時に生きる私たちが,キリストの歩まれた従順な歩みにならい,私たちも主に従う者とならせて頂きましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です