6月3日 キリストを土台とする

新約聖書 エペソ人への手紙 2章19〜22節

メッセージ要約;エペソ人への手紙1章23節で,「教会はキリストのからだであり,一切のものを一切のものによって満たす方の満ちておられるところです」と教えられた流れの中で,今日の聖書箇所でも反復するように,教会の本質について教えられています.ここで教えられている中の重要なことは,第一に,教会は神の家族ということ.第二に,教会は使徒と預言者(に教えられたみことば)という土台の上に建て上げられているということ.第三に,教会は1人1人のクリスチャンが御霊にあって神の御住まいとなり,兄弟姉妹が一つとされていくようになることを教えられました.このように教えられる中で,キリストがその礎石(土台)であり,この上に建て上げられていくところに,全体としての成長があることを教えられました.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です