9月18日 新たな導きの幻を見て

使徒の働き16章1節~10節
第二次伝道旅行は,パウロとバルナバが二手に分かれて出発することになりましたが,結果として,早い段階で,第一次伝道旅行で訪問した諸教会を訪問することが出来,諸教会では信仰が強められ,人数も日ごとに増えていくこととなりました(5).パウロたちは,更にアジアの地域にとどまって宣教をつづけていこうと考えていましたが,ある夜,一人のマケドニア人が「マケドニアに渡ってきて,私たちを助けて下さい」と懇願する幻を見て,パウロたちに新たなマケドニア宣教の道が開かれ,導かれていきました.これ以降,宣教地は広がり,やがてアテネなどのギリシャ伝道が展開されていくこととなりました.主のご計画と導きは広がり続け,今日の私たちの時代にまで宣教は広がり続けています.主からのビジョンを頂いて福音を宣べ伝えていきましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。