12月12日 メシアを待ち望む理由

ルカの福音書2章25節~38節

今日の箇所は,メシアとして来られた幼子のイエス様を待ち望んでいた二人の人,シメオンとアンナについて記しています.シメオンは敬虔な信仰者で,「聖霊が彼の上におられた」(25)と紹介され,アンナは女預言者で高齢となっていたが,実に忠実な信仰をもって神に仕えていたと紹介されています.この二人は,メシアとして来られるイエスの到来を預言し,その預言が成就したことを証しする人となりました.このことが,今日聖書を読む私たちに対しても,メシアの到来と預言の成就を告げ知らせるだけでなく,もう一つ重要なことを示しているのは,メシアの到来を待ち望んでいた人の特徴として,「聖霊が彼の上にあった」等の信仰者の恵み,その信仰の忠実さが語られているということです.私たちの,メシアを待ち望む信仰の姿勢を改めて整えて頂きたいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。