7月14日 義と認められた私たち(2)


義と認められた私たち 新約聖書 ローマ人への手紙5章6節〜11節
「信仰によって義と認められた私たちは」(1)と言われていることの根拠について,キリストが死んで下さったということをあげて説明しています.注目したいことは,キリストは誰のために死んで下さったと言われているかです.一つは,「私たちがまだ弱かった時」(6)という弱さを持つ者のためにでした.二つ目に「私たち不敬虔な者のために」(6)という,神の権威に逆らうような者のためにでした.三つ目に,「私たちが罪人であった時」(8)というように,罪深い者のためにでした.四つ目に「もし敵であった私たち」(10)という,神と私たちの間に敵意があるという者のためにでした.いずれも上記のような者のために死んで下さる方こそがキリストであると言われ,このキリストの十字架が私たちを義と認めて下さることになったのです.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です