10月28日 再び,試練の中で

旧約聖書 創世記 35章9節〜22節
ヤコブにとって、ベテルへの再訪問は新しい出発でもありました。かつての主なる神への純粋な信頼の回復はヤコブを再び奮い立たせていくものであったと思います。しかし、そのような事があって、間もなく、再び、ヤコブ一家に試練が訪れます。それは最愛のラケルの死でした。ラケルはベニヤミンの出産と同時に召されていきました。最愛のパートナーの死はどうすることもできないことでした。ラケルは出産中にその子を「ベン・オニ(苦しみの子)」と名付けるように言いますが、ヤコブはその子を「ベニヤミン(右の手)」と名付けました。ヤコブにとって同等な存在であるという意味にとれます。いずれにしても、ヤコブは波乱に富んだ人生であったと言えます。しかし、その生涯の最後まで信仰に歩み続けていった姿に私たちも学んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です