8月26日 祝福はどこから

旧約聖書 創世記30章25節〜43節
ヤコブはラバンの下で強いられながらも忠実に仕え,ラバンの家畜は非常に増えていきました.ラバンはヤコブの働きに気をよくして報酬を取らせようと言いました.ヤコブは増えてきた家畜の群れを選り分けて,見た目にも分かりやすいぶち毛とまだら毛のもの,黒毛のものなどの羊や山羊を報酬として求めました.このことは,後に明確な記しとなって,ヤコブの家畜として増えて与えられていくものとなります.一方,ラバンの家畜は見た目には整ったと思われる家畜の群れであったのが,だんだんと減って家畜は弱っていくことになりました(42).なぜこれほどの家畜の群れの差が生じてしまったのでしょうか?それは,「私の行く先で主があなたを祝福されたからです」(30)とヤコブは言っており,祝福の基は神からのものであると言いました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です