新約聖書 マタイの福音書27章15節〜50節
イエス ・キリストの十字架へたどる道を振り返る時,第1,主イエスは人々から見捨てられ(21),また,主イエスの祈りからも分かることは父なる神からも見捨てられた(46)ということです第2に,主イエスはその苦しみ,人々のあざけりを存分にお受けになられた(34, 41〜44)ということです.今日,主イエスの十字架を見上げ思い起こすべきことは,その苦しみの極みに,孤独に,さべすまれ続けたのは,十字架を通して成就しようとしていた神の救いの実現であり,すべての人の罪の贖いのために,最後まで十字架に従われたのは,私の罪の赦しと永遠のいのちに至る救いにあずかるためにあったということを,改めて覚えたいと思います.主イエスは,私たちを招こうと,私たちのそば近くにおられることを覚えていきましょう.