新約聖書エペソ人への手紙5章15節〜21節
「聖霊に満たされなさい」(18)との勧めのことばを理解していくために,「ですから,愚かにならないで,主のみこころは何であるかを,よく悟りなさい」(17)と言われていることに注目したいと思います.つまり,神のみこころを求めて歩むことこそ,神の祝福と霊的成長の鍵であり,そのために聖霊の満たし,導きが重要であることを教えているのです.今,私たちは何を求め,満たされたいと願っているでしょうか.この事を考える時,何よりも本当の意味で最上のもので満たすことのできるお方である主イエスこそが私たちを満たしうるお方であることを覚えたいと思います.また,教会にあって,「互いに語り,…主に向かって歌い,讃美しなさい.….神に感謝しなさい」(19-20)という一つ一つが聖霊に満たされる営みであることを覚えたいと思います.